IBM iスプールファイルの問題を解決

インターネットに接続されたブラウザで、レポートの参照、印刷、ダウンロード、削除、出力待ち行列やスプールファイルの操作をすることができます。

aXes スプールファイル管理

aXesスプールファイル管理は、ブラウザでインターネットを利用してIBM i、System i、iSeries、AS/400出力待ち行列とレポートの管理を可能にします。

aXesスプールファイル管理は、ブラウザでインターネットを利用してIBM i、System i、iSeries、AS/400出力待ち行列とレポートの管理を可能にします。レポートを参照、印刷、ダウンロード、削除することができます。

aXesスプールファイル管理機能は、オプションのアドオンツールです。

中心となる機能は以下の通りです:

  • インターネットで出力待ち行列とレポートを操作
  • レポート管理を簡略化するWebページ
  • レポートをPDF、XML、HTML、テキストに変換
  • レポートのダウンロードと、Microsoft ExcelとWordのようなビジネスアプリケーションへの組み込み
  • 配布不要 - クライアントPCでダウンロードもインストールも不要

インターネットでIBM i出力待ち行列とレポートを操作

出力待ち行列とレポートは、直接ブラウザからコマンドで(参照、印刷、削除)によって操作することができます。

スクリプトで、レポートの見栄えやレポートの必要な一部分だけを印刷するなど、基本となるレポートを拡張することが可能です。またスクリプトで、印刷するためにページ範囲の選択や、レポート中のデータに基づいて、ピクチャ(例えば、製品コードと関連づけられたピクチャ)をレポートに挿入するなどの調整をすることができます。

Webページでレポート管理を簡略化

出力待ち行列とレポートはWebページで表示されます。グラフィカルな環境で、レポートの選択と参照をシンプルに行うことができます。ほとんどの操作は、マウスのクリックで行うことがきます。フィルタ機能により、レポートのリストの行数を減らし、必要なレポートの参照を効率的にすることができます。

レポートをPDF、XML、HTML、テキストに変換

レポートを印刷することが、いつでも最良な方法であるわけではありません。aXesは代替のフォーマットを提供し、レポートをPDF、XML、HTML、テキストに変換することができます。例えば、レポートをEメールの添付として送る場合には、PDFに変換した方が便利なように、レポートの内容をどのように使うかを選択することができます。

WebページのaXesスプールファイル管理で、表示されたレポートは、HTML、テキスト、PDF、XML形式でダウンロードすることができます。
WebページのaXesスプールファイル管理で、表示されたレポートは、HTML、テキスト、PDF、XML形式でダウンロードすることができます。

ExcelとWordのようなビジネスアプリケーションにレポートをダウンロード

スプールされたレポートは、ダウンロード可能で、Microsoft Excel、Word、Eメールのようなビジネスアプリケーションと連携させることができます。ダウンロード機能で、5250のアプリケーションからの情報を、今までとは別の方法で提供することができます。会計士が財務分析の情報を必要としている場合に、印刷されたレポートから情報を拾い集めることは可能です。aXesスプールファイル管理によって、会計士はレポートをダウンロードし、Excelに情報をロードすることができます。

高度な機能

aXesスプールファイル管理は、AFP、IPDS、拡張SCSをサポートしているので、バーコード、背景画像、ロゴを使ってスプールファイルを生成することができます。aXesスプールファイル管理は、完全なスプールファイル管理システムです。

配布不要 - 不要なダウンロードとインストール

ブラウザにActiveXコンポーネントをダウンロード、導入、構成する必要がありません。

このページのトップへ戻る