IBM i 5250アプリケーション機能を自動的にWeb化

aXesの機能と利点は:

  • 自動的なGUI生成により、マウスに向いた端末インタフェースを提供
  • SSLのセキュアな接続をサポート
  • リモートからのサポートや、トラブルシューティングするための、既存のセッションを共有しコントロールするためのツールを提供
  • 保留の状態から、セッションのパーキング、切断、再接続などセッションの再確立を提供
  • 貴重なアプリケーションを書き換えることなく、ブラウザ環境でIBM iサーバーのバッチCPWを使って稼働
  • インタフェースは、スタイルシートとスキンでカスタマイズ可能
  • DDSの高度にグラフィカルな設定をサポート
  • 古臭いエミュレータとクライアント側への導入作業を排除
  • クライアント側のソフトウェア・ダウンロード、インストールが不要 (ActiveXもアプレットも不要)
  • 一元的な運用管理で、ITシステムの管理を改善し、デスクトップのサポートを削減することでTCOも削減
  • 一つの場所に導入して構成管理をすることでTCOを削減
  • N階層アーキテクチャで、分散配置されたサーバー、負荷分散、拡張性をサポート
  • オープンで業界標準のインターネットの利用
  • 中立なアーキテクチャで、サーバーまたはクライアントにActiveXやJavaインフラが不要

aXesは、ブラウザを通して信じられないスピードで実行できる、ターミナルエミュレータ機能を搭載しています。aXesがサーバーにインストールされたら、インターネットアクセスが可能な世界中のどのPCからも、IBM iと安全に接続することができます!

広いエリアのユーザーを管理する部門は、Web経由のサーバー・アクセス需要を満たすために、aXesを使うことを考慮するべきです。aXesはインターネット、イントラネット、エクストラネット上で、ユーザーにサーバーへの安全なアクセスを提供します。最新の業界基準を利用しているWebブラウザを通して、aXesはIBM iアプリケーションを提供します。クライアントに何かをサーバーからダウンロードしてインストールする必要がありません。

aXesは、Webブラウザ・インタフェース経由で、サーバー・ベースのアプリケーションへのアクセスを提供します。システム管理責任者は、ソリューションを1回サーバーにインストールしただけで、Webブラウザを使って、さまざまなスタイルと言語でサーバーベースのアプリケーションにアクセスできるように、ユーザーとユーザー・グループを構成し集中管理することができます。ユーザーは、PCにソフトウエアをインストールしたり、個々のPCでユーザーの設定を行うことなく、ブラウザを使ってURLで簡単にアクセスすることができます。新バージョンをリリースは、サーバーだけのアップデートで済ませることができます。全てのユーザーは、次回サーバー・ベースのアプリケーションにアクセスする時に、自動的に最新のリリースを利用することができます。

使い易さ

ブラウザを通してのサーバー・アクセスにより、ユーザーはすでに慣れ親しんだインターフェース・スタイルで、アプリケーションにアクセスすることができます。ブラウザは、全てのタイプのアプリケーションで汎用のインタフェースになっており、トレーニングをほとんど必要とせずに、アプリケーションを利用することができます。トレーニングとサポートの両方コストを最小化することができます。

安全なブラウザベースのセッション

aXesは、セキュリティを内蔵した唯一のWebサーバー・ソリューションを提供します。インターネット標準セキュアソケットレイヤ(SSL)プロトコルによるデータ暗号化で、aXesセッションが安全であることを保証します。どのようなIPネットワーク(パブリックであるか、プライベートであるかにかかわらず)でも、ユーザーは安全に、保護された環境で仕事をすることができます。

あっという間にWeb化

aXesは、即座に展開やカスタマイズが可能な、ブラウザベースのWebサーバー接続ソリューションです。プログラム可能なダイナミックなHTML、XML、CSS、XLSドキュメント文書セット、メソッド、イベント、クライアント側スクリプト(DHTML)へのプロパティなどを、クライアント・デバイスに出力することができます。Webアプリケーションを動的にすることにより、サーバーベースのアプリケーションへの適応と変更を可能にします。

グラフィカル・ユーザー・インターフェース

aXesは、実績のある強固で機能的なサーバー・ーベースのアプリケーションへの投資を保護し、活用するようにデザインされています。多くのサーバー・ベースのビジネス・アプリケーションは、多額な投資、開発、改良を通して保守されています。ビジネスの継続をゆだねられる、強く、拡張性と実績のある基盤を提供します。

aXesは、アプリケーションに新しいWebのルック・アンド・フィールを提供します。プログラミングなしで、カスタマイズが可能です。

既存のサーバー・ベースのアプリケーションを刷新、適応、拡張するために、aXesは動的でリアルタイムな環境を提供します。aXesのユニークなサーバーアーキテクチャは、代替のアプリケーションの刷新方法に比べて、コンパイル、プログラミング、既存のサーバー・ベースのアプリケーションへの変更を必要とせずに、桁違いの経費節減を実現します。

aXes eXtensionsで、System iメインメニューはプログラマの作業場所になります。
aXes eXtensionsで、System iメインメニューはプログラマの作業場所になります。

カストマイズ、統合、拡張、リエンジニアリング

アプリケーションをカスタマイズする時に、ユーザーが目にするものを完全にコントロールすることができます。aXesを企業Webサイトに組み入れることができ、ロゴ、フォントの変更、背景画像などを付け加えることができます。DDSにアクセスできれば、HTMLエレメントを全ての画面に追加することができます。そして、aXesはサーバー・ソリューションであるので、変更は1ヶ所で1回行えば良いことになります。

  • 既存のインフラストラクチャーを利用して、クライアントへの展開コストを排除できるグラフィカルなWeb対応のサーバー・ベース・アプリケーション
  • Webベース・アプリケーションを、他のデスクトップ・アプリケーションやネットワークと、ブラウザ・ベースのアプリケーションを統合
  • クライアント側のスクリプトでメソッド、イベント、プロパティをサポートすることで、Webベース・アプリケーションを拡張
  • 冗長性の除去や、ワークフローの改善のために、既存のサーバー・ベースのアプリケーションを再設計

全てのaXes機能は、直ちに実装できます。aXesの動的サーバー・アーキテクチャで、ユーザーが混乱することなく、既存のサーバー・ベースのアプリケーションに、即時にビジネス・プロセスを追加することができます。即時の変更管理、コストの削減、対応力の向上は、aXesが実現するユニークなビジネス上の利点です。

ユーザーに、インタフェースのスタイルの選択を可能にすることで、aXesは総合的なターミナル・エミュレーションをサポートします。ちょうど、3GLが重要で不可欠であるように、端末装置も同様です。すでに確立された現在でも有効な費用対効果により、多くの場合に端末の技術は、重要なインフラストラクチャーであり続けます。aXesは、既存のインフラストラクチャーと、新しいインタフェースの要件をサポートする統合ソリューションを提供します。

集中して管理運用

aXesは、ユーザーやユーザー・グループのために管理者によって一ヶ所にインストール、構成されます。集中化した構成管理は時間を節約し、コストを下げて、作業者とシステムの効率を増大させます。aXesアーキテクチャは、あらゆるサイズのビジネスのために、無制限な拡張性を提供します。

aXesによるクライアント・セッション・シャドーイングで、システム管理責任者は、リモートあるいはモバイルのオンライン・ユーザーを監視したり、リアルタイムのサポートを提供することができます。

  • どのセッションが利用されているか、誰が現在にどんなアプリケーションにアクセスしているか、リモートで全システムを監視する
  • リモートでユーザー、グループ、セッションに対応;カスタムのセッション・ログイン・スクリプトを作成;カスタムのセッション・キーボード・マッピングを作成
  • ユーザーを事前設定されたセッションに限定する
  • 事前設定されたIPアドレスに、ユーザー・ログインを限定することで、セキュリティを増強する

一ヶ所に導入(クライアントへの導入は皆無)

aXesは、1ケ所の導入(クライアントでの導入は皆無)で、集中運用管理できるために、管理者に高いレベルの管理を可能にすることで会社のTCOを削減します。

一ヶ所で済む導入により、ユーザー・トレーニングとサポートのコストを最小化するだけでなく、Webサーバー技術でソフトウェアの配布、導入、構成に関連したコストを最小化します。アクセス許可情報、接続パラメータ、管理とモニタリングのツール、セッションとユーザーのために構成データは、aXes Webサーバー・ソリューションの主要なコンポーネントです。

aXesは、クライアントのワークステーションに、管理者が物理的に何かロードする必要がありません。Webサーバー技術は、誰かが個々のマシンを訪問してサーバー・アクセス・ソフトウェアをロードし、設定する必要がありません。必要なソフトウェアとコンフィギュレーション・データは、サーバー上にあり、ブラウザで適切なURLが指定された時に、ユーザーは利用することができます。さらに、ブラウザ・ベースのサーバー・アクセスは、誰でも、世界のどこからでも、インターネット経由でアクセスする能力を、会社に提供することができます。

十分な機能を持つエミュレーター

aXesは、通常のクライアント・エミュレータ(PC5250)がサポートする全てをサポートします。ラジオボタン、スクロールバー、先行打鍵、キーボードマッピング、DBCSさえ問題ではありません。aXesの使い易いインタフェースは、従来のエミュレータ・ユーザーと、時々しか利用しない両方のユーザーにスムーズな移行を可能にします。

自動GUI

aXesはアプリケーション・ディスプレイ・ファイルを読み、自動的にGUIオブジェクトを生成します。メニューはクリック可能なリンクになり、サブファイルはスクロール可能なテーブルになり、ファンクションキーはボタンになります。HTML DDSキーワードと連携して使うことで、伝統的な5250画面から驚異的な結果を得ることができます。

このページのトップへ戻る